三崎タンスでは、越前箪笥・総桐たんす等はもちろん、「木々工房」として1枚板のテーブルや特注家具や木のおもちゃ等も取り揃えております。製造商品だけでなく、お客様の嗜好の変化に対応した既製品ももちろん取り扱っています。
お買い得な商品もありますので、是非見ていって下さいね。

ご注文はTELまたはFAXでもお気軽にどうぞ!
MAIL magazine
カートを見る

店長からのあいさつ

~ 店長のつぶやき ~

店長のミサキです。

テレビ番組のヒミツの県民showで、福井のことをやってました。
福井弁で代表的なのは「つるつるいっぱい」と、「じゃみじゃみ」かな。
「つるつるいっぱい」とは、水などがあふれそうな状態のこと、「じゃみじゃみ」とは、テレビ放送終了後の砂の嵐状態をさす言葉です。
最近のテレビはブルーになるので、「じゃみじゃみ」は使わないんだけどねー。
(^v^)

店長日記はこちら >>

携帯ショップ

QRコード
 

携帯でも気軽にお買い物ができます。今すぐ↑チェック! http://www.kagu8.net/m/

新着商品

木々工房

おすすめ商品


製作風景

切 図面を書いて、木に向かうばかりではない。
逆に、木材に聞いてから、図面を引く。
この材料をここに使って、きれいな木目を活かして・・・
自ずと、材料が話しかけてくるのだ。
この会話を楽しみながら、鋸(のこ)を入れる。
切 切

削 乾燥させた材の表面は渋が出て黒ずんでいる。
一枚、汚れた服を脱がせると、中から真っ白な木肌が現れる。
熟練が必要な鉋(かんな)掛け。
杢(もく)を生かすにはアプローチの仕方が大事になる。
薄く、優しく、女性を扱うが如く・・・
削 削

彫 機能性と芸術性とはある意味、相反する。
機能美、グローバルデザインには、確固たる技術が必要だ。
隠れるところにこそ、細心の気遣いをする。
使っていいただくお客様に、長く愛されるために・・・
伝統の技がそれを支えてくれる。
彫 彫

指 家具や建具を総称して、指物(さしもの)という。
ほぞに指し込む作業が語源だという。
家具の仕上げはミリ単位以下の精度が必要になる。
合せては削り、削っては合わせて・・・
まさに、指先の感覚だ。
指 指

三崎箪笥へ
御来店くださいました!


2018.11.28
志の輔さんご来店

18.11.25 志の輔さんの独演会がみくに未来ホールで開催され、ここ三崎箪笥へもご来店くださいました。



2018.05.13
TOKIO長瀬くん
鶴瓶さんご来店

NHK番組
「鶴瓶の家族に乾杯」の収録で三崎箪笥へお越しくださいました。

 

 
2018.03.20
富山での展示会
山下千晴アナウンサー

北日本放送アナウンサーの山下千晴さんが富山県で開催された展示会にお越しくださいました。
 
 

過去の御来店

 
2017.04.11
福井テレビ 
吉見早彩アナウンサー


福井テレビアナウンサーの吉見早彩さんが、テレビの取材で三崎箪笥へお越しくださいました。
 

 
2016.07.14
■大和田さんご来店




2014.09.24
■白井貴子さんご来店



2014.06.28
■貴乃花親方ご来店



 


2005.2.28
大きすぎてちょっと恥ずかしい
新聞の半面分!写真がカラーで載っちゃいました!

福井県では、シェア率90%くらいある新聞社で、”木のある暮らし”みたいな特集だそうです。1面の半分の大きさで、うちのスキャナーでは取り込みできないくらい、でかでかと掲載されて、ちょっと恥ずかしいです。

 
新聞の半面分!写真がカラーで載っちゃいました!
 
2004.7.7 

俳優の地井武男さんが突然やってきた!
 
地井さんが三崎タンスにやってきた!
ローカル番組の「福井テレビ ふくい浪漫 い~ざぁ ええDay」という番組の収録で来られたそうです。

 
地井さんが三崎タンスにやってきた!